2009年05月22日

顧問税理士には相談しにくくて・・・

顧問税理士には相談しにくくて・・・

税理士を変えるというのは、
かなりハードルが高いものらしく、

税理士を変えるわけにはいかないが、
さりとて、相続のことを会社の税理士に相談するのも・・・

そもそも相談にのってもらえるような税理士ではないし・・・。

税理士を変えられないというような律儀な方を
好ましいと思います。

そういう方が大好きです。

だから、今の税理士さんはそのままにして、
社長様の相続や事業承継のご相談にだけのらせていただく

それも、1年間という期間を決めて。

そういうお役立ちの仕方もあると思います。

私もかれこれ20有余年、
様々な会社の顧問をし、経営のご相談にのってきました。

親の介護も経験し、
人生経験もそれなりに積み重ねてきて、

今、まさに 
相続や事業承継のご相談の旬の時期
を迎えていると思います。

女性であることは、
相談のしやすさにつながります。

安心して何でも話してみてください。
話しているうちに、
問題が見えてきます。
整理ができます。

一緒に会社の将来、家族の将来を考えませんか。
事業承継を着実に進めましょう。

posted by 小出 絹恵 at 18:31 | 事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 編集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。