2010年01月29日

お子さんの居ない方は必ず遺言書をexclamation×2

お子さんのいらっしゃらないるご夫妻は
是非、遺言書を書いておいてくださいねexclamation×2

ご主人に不幸にも先立たれた時に
(相続が起きた時に、)

普段はあまり付き合いのないようなご主人の兄弟姉妹に
ハンコを貰わないと
自分の住んでいる住宅を
自分の名義に登記することができません。

ご主人の兄弟姉妹に
もし、もらえるものなら貰いたい
なーんて言われたら
ターイヘンです。


私がこう申し上げると、

大丈夫ですよわーい(嬉しい顔)
私の兄弟にそんな不届きな者はいませんから
と言われます。

奥様は、
ご主人にそう言われてしまうと、
なかなかそれ以上は言えなくて…

相続が起きて…


えっexclamation×2

お父様に先妻さんがいらしたexclamation&question

母親違いの兄弟がいたexclamation&question

ということが実際にありました。

失踪宣告までせざるを得なかったこともありました。

相続税が心配な程の財産はないから とか

私の身内にそんな変な人間はいないから とか

そんなこと言わないで、

必ず遺言書を作っておいてください。

お子さまの居ないご夫婦の
伴侶に残せる
最後の大切な思い遣りです。

posted by 小出 絹恵 at 22:59 | 相続・贈与・遺言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 編集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。